2010年06月16日

財政健全化会議、参加できぬ=福島社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は13日、那覇市で記者会見し、菅直人首相が超党派の「財政健全化検討会議」創設を呼び掛けたことについて「消費税を値上げしないと明言してからにしてほしい。値上げのための議論ならくみすることはできない」と述べ、消費増税の可能性を否定しない限り、参加を拒否する考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
「財政」「政治とカネ」で論戦=14日から代表質問
消費増税なら暮らし破綻=共産・市田忠義書記局長インタビュー

<交通事故>ワゴン車とトラックが衝突 5人死傷…宮城(毎日新聞)
軽自動車衝突され4人負傷=対向車の男逃走、仙台で確保―宮城県警(時事通信)
<菅首相>早期衆院解散を否定 参院代表質問(毎日新聞)
雑記帳 アルパカ、初の毛刈り…中越地震の復興につながれ(毎日新聞)
サルもテレビ楽しむ=脳の活動で初証明―京大霊長類研(時事通信)
posted by モロハシ マサル at 18:29| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

<菅首相>普天間移設、出口見えず 「日米合意を踏襲」(毎日新聞)

 菅直人首相は鳩山由紀夫前首相から外交課題として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題と「東アジア共同体」構想の具体化を引き継いだ。しかし普天間問題では「県内移設」を明記した日米合意に沖縄側の理解が得られず、党内の意見対立も根強い。菅氏は4日、「日米合意踏襲」を明言したが、沖縄の合意をいかに得るかが最重要課題の一つとなりそうだ。【上野央絵】

 「日米、日中、日韓、よろしくお願い申し上げます」。菅氏は4日午前、党代表選の候補者演説の冒頭で、鳩山内閣が総辞職した閣議で前首相からこんなメモを渡されたことを明かした。

 「日米」の最大の懸案が普天間問題だ。菅氏は同日夜の党代表就任記者会見で「日米合意を踏まえると同時に沖縄の負担軽減を重視する。しっかり腰を据えて取り組みたい」と述べ、党・閣僚人事を決めるうえでも、大きな要因と位置付ける考えを示した。

 しかし、菅氏は外交・安保政策で実績がほとんどなく手腕は未知数とみられている。こうした見方を意識してか、候補者演説で菅氏は「私について、外交的な発言が少ないとおっしゃる方もある」と述べ、東工大時代、「平和の代償」などの著書で知られる国際政治学者の故永井陽之助氏の薫陶を受けたことを紹介。会見でも「数日前から『琉球処分』という本を読んでいる。沖縄の歴史も私なりに理解を深めていこうと思っている」とアピールした。

 今回の代表選を通しては、「日米重視」か「沖縄重視」かの党内意見対立も浮かび上がった。菅氏がどちらに軸足を置くかが注目される。「日米協調」。前原誠司前国土交通相らを中心とするグループ「凌雲会」(約40人)が「菅氏支持」の条件に挙げた項目だ。自ら盛り込んだ前原氏は「菅氏が受け入れた」と判断した上で「支持」を明言。一方、集団的自衛権行使に慎重な議員有志から成る「リベラルの会」(約20人)の近藤昭一衆院総務委員長らも「将来の国外・県外移設を目指すべきだ」との考えを菅氏側に伝えた。菅氏陣営の推薦人名簿には前原、近藤両氏が名を連ねた。

 一方、鳩山氏が託した「日中、日韓」で念頭にあるのは「東アジア共同体」構想の具体化だが、当面の焦点は韓国が「北朝鮮潜水艇による魚雷攻撃」と断定した哨戒艦沈没事件を巡る対応だ。

 菅氏は4日の会見で「北朝鮮の問題はじめ多くの問題を抱えている。国民に対し、責任と覚悟を持つ模範となるよう外交を進めていきたい」と述べた。韓国が哨戒艦事件の国連安保理提起を表明しているのに対し、北朝鮮に強い影響力を持つ中国は慎重な構えで、日本の出方が問われる。

【関連ニュース】
菅首相:「報復人事ない」言葉選び会見
菅首相:重要法案成立に意欲 会期延長検討
菅首相:官房長官に仙谷氏、幹事長に枝野氏起用へ
菅首相:会期延長を検討 2週間程度
石原都知事:「菅首相、役人うまく使って」

次の首相は…「誰がなってもまた投げ出す」 街の声@新宿・渋谷(産経新聞)
位置ゲー コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
障がい者制度会議、福島氏罷免で平野官房長官が担当(医療介護CBニュース)
わいせつDVD1万枚所持で男を逮捕(産経新聞)
舞踏家の大野一雄さん死去=国際的に活躍、「私のお母さん」など(時事通信)
posted by モロハシ マサル at 21:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。